• 印刷する

PSA、通期は40.4%増益 プジョーのSUVが好調

仏自動車大手グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)は26日、2018年12月期の純利益が32億9,500万ユーロとなり、前期比40.4%増加したと発表した。プジョーのスポーツタイプ多目的車(SUV)が好調だったほか、米ゼネラルモーターズ(GM)から取得した英ボクソールと独オペルも貢献した。

売上高は18.9%増の740億2,700万ユーロ。うちオペル・ボクソールは183億600万ユーロで、これを除く主力の自動車部門は430億2,700万ユーロと5.6%増えた。既に発表済みの世界販売台数は6.8%増の387万7,765台と、過去最高を記録している。

グループの営業利益(特別損益除く)は56億8,900万ユーロと43%拡大。自動車部門は21.9%増加し、オペル・ボクソールは8億5,900万ユーロと、前期の1億7,900万ユーロの赤字から黒字に転じた。自動車部品子会社のフォルシア(Faurecia)は9.3%増やした。金融サービス部門は大きく48.6%伸びている。

オペル・ボクソールを除く自動車部門の営業利益率は8.4%となり、前期から1.1ポイント上昇。グループ全体の営業利益率は7.7%と、1.3ポイント伸びた。今後については、オペル・ボクソールを含む自動車部門の営業利益率を2019~2022年の平均で4.5%以上とする目標を設定した。

PSAは今年の自動車市場について、欧州が横ばいとなり、中国が3%、中南米が1%それぞれ落ち込むと予想。一方、ロシアは5%拡大すると見込んでいる。


関連国・地域: 英国ドイツフランスロシアアジア米国中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デンマーク、初のCO2貯蔵免許を交付へ(02/07)

ルノーと日産、対等出資へ 3領域での新たな取り組み発表(02/07)

仏年金改革、7日に3回目の全国スト(02/07)

AGC、仏建材サンゴバンと共同で技術開発(02/07)

フランス、UAE・印とイニシアチブ設立へ(02/07)

仏大統領、パリでイスラエル首相と会談(02/06)

アグリコル、トタルの再生エネ資産50%取得(02/06)

エア・リキード、トタルと水素施設で合弁(02/06)

仏製造業生産、12月は0.3%増加(02/06)

クボタ、仏除草機B.C. テクニックを買収(02/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン