• 印刷する

セインズベリーのアズダ買収、当局が却下も

英競争・市場局(CMA)は20日、スーパー英2位セインズベリーによる米ウォルマート傘下の英3位アズダの買収計画について、合併後に価格上昇や取り扱い品目の減少、品質やサービスの質低下が懸念されるとの見解を明らかにした。CMAが取引を却下するか、両社に一部資産の売却を命じる可能性がある。

CMAはこの日、正式調査の第2段階に関する報告書を公表。合併により英国全土の店舗・オンライン販売の顧客体験の質が低下する恐れがあるとした。また、それぞれが運営する給油所でも価格上昇が予想されるとしている。CMAは昨年9月に発表した第1段階調査の結果として、463地域で両社の店舗が重複しており、地方だけでなく全国で競争が阻害される恐れがあると結論付けていた。

CMAは両社に対し、3月13日までに回答と対応策を提出するよう要請。最終判断は4月30日までに下される予定だ。

セインズベリーとアズダはこれを受け、共同声明を発表。今回の調査報告は昨今の英国の食品市場における競争の激しさや消費者の購買傾向について根本的に誤解しており、CMAの分析は比較事例との一貫性がないと批判した。また、両社の統合は「大幅なコスト削減につながり、これにより価格の引き下げが可能になる」と取引の正当性を主張している。

セインズベリーは昨年4月、アズダを約73億ポンドで買収することで合意。買収取引が実現すれば、総店舗数は2,800店舗、市場シェアは31.4%と、長年にわたり首位に立つテスコを抜いて業界最大手に躍り出る見通しだ。[M&A]


関連国・地域: 英国
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料IT・通信天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、12月は0.6%に加速(01/21)

生産者物価、12月は0.4%低下(01/21)

英国内最大漁港、水揚げ量が減少=EU離脱(01/21)

IAG、エア・ヨーロッパの買収額を半減(01/21)

シェル、ごみ由来航空燃料の生産から撤退(01/21)

米ウェザーフォード、英製造部門の閉鎖検討(01/21)

自動車ボクソール、新トップに元日産幹部(01/21)

第一三共、欧州でがん治療薬が販売承認(01/21)

国際高速鉄道ユーロスター、経営破綻も(01/21)

英、400万人超に初回のワクチン接種完了(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン