エールフランスKLM、通期は2.5倍に増益

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは20日、2018年12月期の純利益が4億900万ユーロとなり、前期から2.5倍超に拡大したと発表した。労組による度重なるストライキと燃料価格の上昇が負担となったものの、コスト削減策などが奏功した。 売上高は2.5%増の265億1,200万ユーロ。…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

エシロールルクソティカ、経営権巡り内紛(03/25)

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

3月は51.3に低下 ユーロ圏総合PMI速報値(03/25)

スポティファイ、音楽会社と契約交渉入り(03/25)

セベルスタリ、仏エア・リキードと新契約(03/25)

市民権取得時の仏語試験、難易度引き上げへ(03/25)

仏国鉄、FB経由でチケット購入が可能に(03/25)

自動車部品ZF、蘭ツーゲットゼア買収(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

トルコ自動車生産、2月は15.5%減少(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン