KLM、エールフランスと統治体制で合意か

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、傘下のKLMオランダ航空と企業統治体制で基本合意したもようだ。KLM側が支配体制の強化をけん制して緊張が高まっていたが、現行の構造を維持したまま協力を強めていく方針を固めた。仏日刊紙ラ・トリビューンが17日伝えた。 それ…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

中銀、住宅ローンリスクに備え資本増強要請(10/16)

EU、コロンビアの冷凍ポテト関税で異議(10/15)

オランダのインフレ率、9月は2.6%に減速(10/10)

ドイツ、国際競争力で7位に転落=WEF(10/10)

エールフランス、仏蘭2社の関係に「緊張」(10/09)

広告S4、米ファイアーウッドを買収(10/09)

フィリップス、印TV市場でトップ5目指す(10/08)

ユニリーバ、プラ使用量を半減へ(10/08)

蘭の海洋清掃船、太平洋でごみ回収に成功(10/04)

蘭肥料OCI、UAE社との合弁設立が完了(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン