KLM、エールフランスと統治体制で合意か

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、傘下のKLMオランダ航空と企業統治体制で基本合意したもようだ。KLM側が支配体制の強化をけん制して緊張が高まっていたが、現行の構造を維持したまま協力を強めていく方針を固めた。仏日刊紙ラ・トリビューンが17日伝えた。 それ…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

小売りスパー、印南部で5号店が開設(07/23)

蘭KLM、授乳時に覆い求めた対応に批判(07/19)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

カーナビのトムトム、第2四半期は大幅増益(07/18)

アルバート・ハイン、配達ロボット試験運用(07/16)

蘭社の3Dプリンター、インドネで販売へ(07/16)

ハイネケン「マのノンアル飲料は非ハラル」(07/16)

児童死亡の蘭電動カート、使用再開に新規制(07/15)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

蘭、韓国とインドネでの防波堤建設で覚書(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン