KLM、エールフランスと統治体制で合意か

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは、傘下のKLMオランダ航空と企業統治体制で基本合意したもようだ。KLM側が支配体制の強化をけん制して緊張が高まっていたが、現行の構造を維持したまま協力を強めていく方針を固めた。仏日刊紙ラ・トリビューンが17日伝えた。 それ…

関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会選の投票開始 団結か分断か、EU市民の選択は(05/24)

ベルギーの修道院、ビール醸造を再開へ(05/24)

インドネ・ガルーダ航空、ロンドン線運休も(05/24)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

特殊化学ダ・ビンチ、マレーシア社が買収へ(05/22)

欧州議会選、蘭に注目集まる 他国の投票行動に影響も(05/21)

オランダ政府、1人7ユーロの出国税導入も(05/21)

メルケル首相、EU要職への就任を否定(05/20)

AFM、香港SFCと基金相互承認で覚書(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン