• 印刷する

ベルリン交通局、15日に6年ぶりのストへ

ベルリン交通局(BVG)の従業員が15日にストライキを決行するもようだ。賃上げや労働時間の短縮などを求める2度目の交渉が物別れに終わるとみなしたためで、BVGによるストは2012年以降で初めて。ドイツの統一サービス産業労組ヴェルディ(Ver.di)が発表した。

それによると、ストは同日午前3時半(現地時間)から正午まで続く見通し。スト中はバスやトラム、地下鉄といったほぼ全ての交通機関が停止するほか、スト後も数時間にわたり大幅な遅延が予想される。ただ、都市近郊鉄道Sバーンは通常通り運行されるという。

ヴェルディは、BVGの従業員およそ1万4,000人を代表しており、かねて週当たり勤務時間を36.5時間に縮小するほか、全従業員にクリスマスボーナスを付与するよう要求。また、給与水準の引き上げや組合員への500ユーロのボーナス支給も求めている。同労組は「BVG側が要求に応じない場合、さらなるストの可能性もある」と警告している。

一方のBVGは「民主主義の下で、ストは団体交渉の正当な方法ではあるが、ヴェルディが2度目の交渉の最中にこの手段を早くも用いることを残念に思う」とコメントした。労使交渉は3月5日にも行われる予定。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

海運APモラー・マースク、通期は38%減益(02/22)

ポーランド電力各社、EV工場を共同開設へ(02/22)

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

独政府、食品廃棄量の減少に向けた行動計画(02/22)

スカニアとノビナ、来年に自動運転バス運行(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

2月は過去3カ月で最高 ユーロ圏総合PMI速報値(02/22)

ダイムラー、検察が排ガス不正で捜査開始(02/22)

カーシェア利用者が17%増加=乗り捨て人気(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン