• 印刷する

フライビー、身売り渋る株主に「最後通牒」

英格安航空大手フライビーは7日、航空大手ヴァージンアトランティック航空など3社が参画するコンソーシアム「コネクト・エアウェイズ」への身売りを株主が拒否した場合、事業を清算する方針を明らかにした。その場合、同社株は価値を失うとして、株主に取引を承認するよう強く勧告。買収提示額が低いとして反発する株主に、最後通牒(つうちょう)を突きつけた格好だ。

フライビーは1月11日、コネクトに220万ポンドで身売りすることで合意した。取引の成立には株主の承認が必要となるが、この取引額は1株当たり1ペンスに過ぎず、一部株主は提訴の構えも示している。

ただ同社はその後、金融機関からのつなぎ融資獲得に失敗したため、1月15日には事業子会社であるフライビーとオンライン事業のフライビー・ドットコムをコネクトに計280万ポンドで売却することで合意。これにより、コネクトからただちにつなぎ融資を受け、破綻の危機を免れていた。事業子会社2社の売却には株主の承認は不要なため、2月22日には取引が成立する運び。この結果、親会社のフライビーは資産を持たないペーパーカンパニーとなる。

同社の取締役会は今回、株主に対し、1株当たり1ペンスの買収提示額は「低く遺憾」とした上で、株主が身売りを拒否すれば親会社を清算する方針を示した。そうなれば、事業子会社2社の売却益は取引や事業清算の経費に費やされるため、株主の手元に資金は残らないと説明。株主に対し、3月4日の株主総会で親会社の身売りを承認することを強く勧めた。

コネクト・エアウェイズはヴァージンのほか、インフラサービス会社ストバート(Stobart)・グループ、投資会社サイラス(Cyrus)・キャピタルから成る。出資比率はヴァージンとストバートがそれぞれ30%、サイラスが40%。フライビーは、地方航空会社としては英国最大手だが、燃料価格の上昇や需要減、通貨ポンド安、競争激化などを理由に経営難に陥っていた。[M&A]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イングランド全域で規制強化も 英政府、10月中の2週間を検討(09/21)

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

英、スロベニアを自主隔離対象国に(09/21)

英政府、鉄道路線のさらなる国有化も(09/21)

小売売上高、8月は0.8%増加(09/21)

2ペンス硬貨など、10年間は製造計画なし(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン