• 印刷する

自動車フィアット、通期は3%増益

伊自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は7日、2018年12月通期のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が72億8,400万ユーロとなり、前年比3%増加したと発表した。主力の北米・メキシコ市場で売り上げが大きく伸び、過去最高益を達成した。

売上高は4%増の1,154億1,000万ユーロ。主力の大衆車ブランドを地域別に見ると、北米・メキシコは10%増加し、南米は2%伸びた。EMEA(欧州・中東・アフリカ)は1%増を確保している。一方、アジア・太平洋は17%減少した。

高級車ブランドの「マセラティ」は34%の減収。昨年10月にカルソニックカンセイ(さいたま市)への売却が決まった自動車部品部門マニエッティ・マレリ(Magneti Marelli)は4%減少した。

グループの純利益は36億3,200万ユーロと、1年前から3%拡大。出荷台数は大衆車ブランドと高級車ブランドを合わせて484万2,000台と、2%伸びている。

第4四半期に限ると、EBIT(特別損益除く)は7%増の20億2,300万ユーロ。売上高は306億1,900万ユーロと6%増加した。純利益は12億9,300万ユーロと61%拡大している。

FCAは昨年、米国でのディーゼル車の排ガス不正問題に絡み、7億4,800万ユーロの特別損益を計上した。今年については、特別損益を除くEBITが2018年の67億ユーロを上回ると予想する。マニエッティ・マレリ売却を巡っては、規制当局などの承認を経て2019年6月末までの取引完了を見込んでいる。

なおロイター通信によると、FCAと独自動車部品大手ロバート・ボッシュはディーゼル車の排ガス不正問題を巡り、米カリフォルニア州のサンフランシスコ地方裁判所と訴訟費用計6,600万ドルの支払いで合意したもようだ。両社は1月、問題の早期解決に向け、米国で総額3億750万ドルの和解金を支払うと発表している。ただ、ボッシュは不正に関与したことは認めていない。


関連国・地域: イタリアアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、カルソニックの買収を承認(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ランボルギーニ、豪で販売拡大目指す(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

EUの難民申請件数、昨年は11%減少(03/18)

アリタリア航空救済、米英社が厳しい条件(03/15)

<連載コラム・自動車産業インサイト>第32回 自動車のブランド価値脅かす新潮流(03/15)

石油エニ、アンゴラ沖で大型油田を発見(03/15)

エニ、カタール社にモロッコ油田権益を売却(03/15)

保険ゼネラリ、通期は9.4%増益(03/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン