• 印刷する

自動車ダイムラー、通期は22%減益

独自動車大手ダイムラーは6日、2018年12月期のEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)が111億3,200万ユーロとなり、前期比22%減少したと発表した。2017年は過去最高益を記録していたが、昨年はディーゼル車による大気汚染の低減に向けた独政府の政策に絡むコストや、欧州連合(EU)の新燃費試験導入の影響、米中間の貿易摩擦などが逆風となった。

売上高は2%増の1,673億6,200万ユーロ。うち「メルセデス・ベンツ」と超小型車「スマート」を展開するメルセデス・ベンツ・カーズは1%減った。純利益は全体で75億8,200万ユーロと、29%落ち込んでいる。

グループの販売台数は335万2,415台と2%増加。うちメルセデス・ベンツ・カーズはほぼ横ばいの238万2,791台だった。トラックは10%、バスは8%それぞれ拡大し、バンは5%増えている。

ダイムラーは昨年、米中間の貿易摩擦やドイツ国内のディーゼル車規制に関連するコスト増加などを受け、6月と10月に通期利益見通しを下方修正していた。2019年5月の株主総会をもって退任するディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)は「2018年は強い向かい風に見舞われた年だった」と振り返る一方、将来に向けた主要分野で大きな成果を上げたと評価した。

同社は今年の世界経済の成長率が3%弱にとどまると予測。乗用車の新車市場は前年並みになるとみる。ダイムラーの販売台数については、メルセデス・ベンツ・カーズが多数の新モデル導入を予定しており、過去最高を更新すると予想。トラックはわずかに増加し、バスとバンは大きく伸びると分析している。

グループの売上高とEBITも前年をわずかに上回る見込みだが、今年は新モデルの投入コストや技術への投資がかさむ上、原材料コストの上昇や為替差損の影響を受けると予想している。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車金融マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

ドイツ銀に会長交代を要求も 複数の主要株主が早期辞任支持(05/22)

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

元F1レーサーのニキ・ラウダ氏が死去(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン