• 印刷する

VW、エチオピアで組立工場を建設へ

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、サハラ以南アフリカでの事業拡大に向けて、エチオピア投資委員会(EIC)と覚書(MOU)を締結したと発表した。エチオピアで車両組立工場の開設などを進めることで、自動車産業を確立し、同国の急速な発展に寄与するとしている。

MOUは、ドイツのシュタインマイヤー大統領とエチオピアのシデ財務・経済協力相の立ち合いの下、VWのサハラ以南地域トップのトーマス・シェーファー氏とEICのAbebe Abebayehu委員長の間で交わされた。

VWは組立工場の建設のほか、自動車部品の現地化、アプリを活用したカーシェアリングや配車といったモビリティーサービスの導入、研修センターの開設を行う。また、地元の人材のスキル向上などに向けて、エチオピアの高等教育・訓練機関と密接に協力するとしている。

シェーファー氏は「アフリカ大陸で第2の人口を持ち、最も速い経済成長を遂げる国の一つであるエチオピアは、われわれのサハラ以南の事業戦略を加速する上で理想的な国」とコメント。さらに、「自動車部品産業の創設を支援するため、エチオピアの既存の専門知識や戦略的な資源を活用するつもりだ」と述べた。

エチオピアはVWにとり、サハラ以南アフリカで3カ国目のMOU締結国。昨年8月には、ガーナとナイジェリアと同様の契約を交わしている。ガーナでは工場を建設するとともに、レンタカーやカーシェアリング、配車サービス、シャトルサービスなど新たなモビリティーサービスを提供することを検討する。ナイジェリアでは、段階的に同国での自動車生産を拡大し、長期的にアフリカ西岸における自動車産業のハブとする方針だ。


関連国・地域: ドイツアフリカ
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン