ロシア政府、発電所刷新10カ年計画を承認

ロシア政府は火力発電所の刷新に向けた10カ年計画を承認した。1兆9,000万ルーブル(288億ドル)の投資呼び込みを見込む。ノバク・エネルギー相の発表を元に、ロイター通信などが伝えた。 それによると、同計画は2022~2031年にかけて、4,000万キロワットの発電容量を刷新する予定…

関連国・地域: ロシア米国欧州
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロシアの失業率、6月は4.4%に改善(07/22)

ノバテク、北西部のLNG基地計画に青信号(07/22)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

ウクライナ総選挙、大統領の新党が優勢か(07/19)

ダイヤのアルロサ、ジンバブエで合弁設立(07/18)

モスクワで23人が食中毒=自販機食品を食べ(07/18)

メルケル氏、モルドバ首相の歓迎式でも着席(07/18)

サウジアラムコ、複数事業で露社と提携も(07/17)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

モスクワ市議会選、選管の出馬阻止巡りデモ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン