ロシア政府、発電所刷新10カ年計画を承認

ロシア政府は火力発電所の刷新に向けた10カ年計画を承認した。1兆9,000万ルーブル(288億ドル)の投資呼び込みを見込む。ノバク・エネルギー相の発表を元に、ロイター通信などが伝えた。 それによると、同計画は2022~2031年にかけて、4,000万キロワットの発電容量を刷新する予定…

関連国・地域: ロシア米国欧州
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア議会、新型コロナ対策法案を可決(04/02)

モスクワ市、隔離者追跡アプリの使用開始(04/02)

モスクワ市、自主隔離監視に位置情報を利用(04/01)

トランスネフチ、原油汚染で仏社と一部和解(04/01)

モスクワ市、外出禁止措置を導入(03/31)

ヤンデックス、コロナ対策に1900万ドル投資(03/31)

日産、ペテルブルク工場で生産停止へ(03/30)

ロシア、27日から全ての国際線の運航を停止(03/27)

仏PSA、露合弁の生産停止=新型コロナ(03/26)

ロシア、自主隔離違反の取り締まりを強化へ(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン