ロシア政府、発電所刷新10カ年計画を承認

ロシア政府は火力発電所の刷新に向けた10カ年計画を承認した。1兆9,000万ルーブル(288億ドル)の投資呼び込みを見込む。ノバク・エネルギー相の発表を元に、ロイター通信などが伝えた。 それによると、同計画は2022~2031年にかけて、4,000万キロワットの発電容量を刷新する予定…

関連国・地域: ロシア米国欧州
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ズベルバンク、Mail.ruと合弁事業で正式契約(11/20)

露極東ボストチヌイ宇宙基地、横領発覚(11/20)

ヤンデックス、組織再編へ=露規制に対応(11/19)

ロシア鉱工業生産、10月は2.6%増加(11/19)

電力フォータム、露が独ユニパー買収を承認(11/18)

ロシア経済、第3四半期は1.7%拡大(11/15)

ロスアトム、イラン原発2号機の建設開始(11/13)

ロシア新車販売、10月は5.2%減少(11/11)

ロシアのインフレ率、10月は3.8%に減速(11/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン