半導体機器ASML、第4四半期は23%増益

半導体機器で世界最大手のASMLホールディング(オランダ)は23日、第4四半期(2018年10~12月)の純利益が7億8,750万ユーロとなり、前年同期比22.5%増加したと発表した。通期でも増収増益を確保した。 売上高は22.7%増の31億4,250万ユーロ。当期に販売した露光装置は64台…

関連国・地域: オランダ
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

シグニファイ、米クーパーライトニング買収(10/17)

フィリップス、印で男性用シェーバー生産も(10/17)

中銀、住宅ローンリスクに備え資本増強要請(10/16)

EU、コロンビアの冷凍ポテト関税で異議(10/15)

オランダのインフレ率、9月は2.6%に減速(10/10)

ドイツ、国際競争力で7位に転落=WEF(10/10)

エールフランス、仏蘭2社の関係に「緊張」(10/09)

広告S4、米ファイアーウッドを買収(10/09)

フィリップス、印TV市場でトップ5目指す(10/08)

ユニリーバ、プラ使用量を半減へ(10/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン