半導体機器ASML、第4四半期は23%増益

半導体機器で世界最大手のASMLホールディング(オランダ)は23日、第4四半期(2018年10~12月)の純利益が7億8,750万ユーロとなり、前年同期比22.5%増加したと発表した。通期でも増収増益を確保した。 売上高は22.7%増の31億4,250万ユーロ。当期に販売した露光装置は64台…

関連国・地域: オランダ
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

セメン・インドネ、ホルシム買収で事業拡大(02/20)

BP合弁、中国・済南に給油所1号店開設(02/20)

KLM、エールフランスと統治体制で合意か(02/19)

商船三井、蘭デンハートフの株式20%取得(02/19)

ニコン、露光装置の特許訴訟巡り最終契約(02/19)

金融RBS、2倍超に増益 デジタル化推進でコスト削減(02/18)

投資JAB、コーヒー事業などのIPO検討(02/18)

石油シェル、家庭用蓄電池ゾンネンを買収(02/18)

ユーロ圏貿易収支、12月は黒字縮小(02/18)

商船三井、海洋環境保護プログラムに参加(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン