半導体機器ASML、第4四半期は23%増益

半導体機器で世界最大手のASMLホールディング(オランダ)は23日、第4四半期(2018年10~12月)の純利益が7億8,750万ユーロとなり、前年同期比22.5%増加したと発表した。通期でも増収増益を確保した。 売上高は22.7%増の31億4,250万ユーロ。当期に販売した露光装置は64台…

関連国・地域: オランダ
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

化学アクゾノーベル、第1四半期は74%減益(04/25)

マコファルマ、台湾社と販売ライセンス契約(04/25)

学術出版エルゼビア、ノルウェー大学と契約(04/24)

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

再生エネの南北送電計画、独各地で反対デモ(04/24)

NXP、車載レーダーで鷹眼電子と戦略提携(04/24)

ドイツのビール価格、昨年は3.5%上昇(04/24)

ベシックス、ドバイに3D印刷スタジオ開設(04/23)

蘭企業、越南部にプラごみ再利用工場を建設(04/18)

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン