• 印刷する

ゴーン被告に新たな不正=日産・三菱が発表

日産自動車と三菱自動車は18日、日産の前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の不正行為に関する共同内部調査の結果、同被告がオランダにある両社の統括会社から不正に約780万ユーロの支払いを受けていたことが判明したと発表した。これによりゴーン被告が新たな罪に問われる可能性が出てきた。

三菱自と日産は2017年、協業によるシナジー創出の促進を目的として、折半出資でオランダ法人NMBVを設立。ゴーン被告はNMBVとの間で、同被告をマネージングディレクターとする雇用契約を独自に締結し、2018年4月末から11月にかけて、その報酬などの名目で不正に支払いを受けていた。

この雇用契約はNMBVにおいて権限のない者によって締結されていたほか、ゴーン被告に対して同社から何らかの報酬を支払うことに関する適正な手続きがなされていなかったという。

一連の行為は、ゴーン被告が日産の幹部社員ら一部の者に実行を指示。その際、同幹部社員はゴーン被告に対して、雇用契約を締結する前にNMBVの取締役である三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)と日産の西川広人社長兼CEOの了承を得る必要があると伝えたにもかかわらず、同被告は一切知らせることなく契約を締結した。

日産は今回の調査の結果、ゴーン被告と同社の元代表取締役グレッグ・ケリー被告らは、開示することなくゴーン被告に対する報酬を支払うため、同社と三菱自が提携を発表した直後の2016年6月の段階から、両社の折半出資による非連結会社の設立の可能性を検討していたことも確認されたとしている。[日本企業の動向][労務]


関連国・地域: オランダアジア
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

蘭KLM、授乳時に覆い求めた対応に批判(07/19)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

カーナビのトムトム、第2四半期は大幅増益(07/18)

アルバート・ハイン、配達ロボット試験運用(07/16)

蘭社の3Dプリンター、インドネで販売へ(07/16)

ハイネケン「マのノンアル飲料は非ハラル」(07/16)

児童死亡の蘭電動カート、使用再開に新規制(07/15)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

蘭、韓国とインドネでの防波堤建設で覚書(07/10)

エイゴン傘下のインドネ企業、ビザ保険発売(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン