• 印刷する

VW、世界販売で記録更新 2018年は0.9%増加

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は11日、グループ全体の2018年の販売台数が前年比0.9%増の1,083万4,000台となり、最高記録を更新したと発表した。ライバルのルノー・日産自動車・三菱自動車連合とトヨタ自動車の数字はまだ発表されていないが、世界首位を争っての接戦が予想される。

地域別に見ると、最大市場の中国は420万7,100台と0.5%拡大。欧州は1.2%増の438万700台で、うち西欧はほぼ横ばいだったが、足元のドイツは0.1%落ち込んだ。中東欧はロシアが大きく19.8%増え、全体では7.1%のプラスとなった。

北米は2%減少したが、うち米国は2.1%増加。中南米は13.1%伸び、うちブラジルは30.4%のプラスだった。

ブランド別では「VW」の乗用車が0.2%増の624万4,900台と、過去最高を記録。半面、高級車部門アウディは3.5%減の181万2,500台となった。チェコ子会社のシュコダは125万3,700台と4.4%拡大した。スペイン子会社のセアトと高級スポーツカーのポルシェはそれぞれ10.5%、4%増えた。

商用車は「VW」が0.4%増の49万9,700台。独MANは19.6%、スカニア(スウェーデン)は6.3%それぞれ伸びた。

12月単月ではグループ全体で91万6,200台と、8.4%縮小している。


関連国・地域: ドイツフランススウェーデンスペインチェコロシアアジア米国中南米カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、通期は過去15年で最大の黒字(02/03)

ビオンテック、独でワクチン原料工場が完工(02/03)

関西ペイント、独同業CWSを買収(02/03)

貿易収支、12月は黒字縮小(02/03)

機械受注高、12月は18%減少(02/03)

米ウルフスピード、独西部に半導体工場(02/03)

インフィニオン、第1四半期は54%増益(02/03)

チェコ、EV充電インフラ整備に60億コルナ(02/02)

ソフトウエアAG、第4四半期は29%増益(02/02)

ABBのEV充電器部門、3.6億ドル調達(02/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン