• 印刷する

VW、世界販売で記録更新 2018年は0.9%増加

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は11日、グループ全体の2018年の販売台数が前年比0.9%増の1,083万4,000台となり、最高記録を更新したと発表した。ライバルのルノー・日産自動車・三菱自動車連合とトヨタ自動車の数字はまだ発表されていないが、世界首位を争っての接戦が予想される。

地域別に見ると、最大市場の中国は420万7,100台と0.5%拡大。欧州は1.2%増の438万700台で、うち西欧はほぼ横ばいだったが、足元のドイツは0.1%落ち込んだ。中東欧はロシアが大きく19.8%増え、全体では7.1%のプラスとなった。

北米は2%減少したが、うち米国は2.1%増加。中南米は13.1%伸び、うちブラジルは30.4%のプラスだった。

ブランド別では「VW」の乗用車が0.2%増の624万4,900台と、過去最高を記録。半面、高級車部門アウディは3.5%減の181万2,500台となった。チェコ子会社のシュコダは125万3,700台と4.4%拡大した。スペイン子会社のセアトと高級スポーツカーのポルシェはそれぞれ10.5%、4%増えた。

商用車は「VW」が0.4%増の49万9,700台。独MANは19.6%、スカニア(スウェーデン)は6.3%それぞれ伸びた。

12月単月ではグループ全体で91万6,200台と、8.4%縮小している。


関連国・地域: ドイツフランススウェーデンスペインチェコロシアアジア米国中南米カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独レオニ、セルビアで工場開設=4カ所目(09/16)

イベコと二コラ、独に合弁工場 年内に電動トラックの製造開始(09/16)

自由民主党、SPDとの連立に厳しい条件も(09/16)

メルセデス、インドで「EQC」の予約再開(09/16)

欧州市民、EU大統領候補にメルケル氏支持(09/16)

ドイツ上半期の発電量、石炭が風力上回る(09/15)

CDU党首、首相就任後100日間の公約発表(09/15)

ニーダーザクセン州地方選、CDUが勝利(09/15)

燃料電池の米プラグパワー、独に欧州本社(09/15)

ボノビア、同業買収の提示条件を全て撤廃(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン