• 印刷する

ルフトハンザが欧州首位維持 乗客数が1.4億人超に拡大

独ルフトハンザ航空は10日、2018年の旅客輸送実績を発表した。グループ全体の乗客数は前年比10%増の1億4,233万5,000人となり、2年連続で欧州首位に輝いた。ルフトハンザ航空や傘下のスイス・インターナショナル、オーストリア航空がいずれも好調だった。 

グループの旅客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で9%増えた。搭乗率は81.4%と0.5ポイント上昇している。発着便数は122万8,920便と8.9%増加した。

ルフトハンザ(地域航空含む)ブランドに限ると、乗客数は6.5%増の7,010万8,000人。搭乗率は81.4%と0.2ポイント低下した。傘下のスイス・インターナショナル(エーデルワイス航空含む)とオーストリア航空の乗客数はそれぞれ9.5%、8.5%拡大。格安航空ユーロウイングスや買収したブリュッセル航空を含む「ユーロウイングス・グループ(旧:2地点間輸送部門)」は18%伸びている。

貨物部門ルフトハンザ・カーゴの輸送実績は貨物トンキロ(CTK)換算で4.3%増加。積載率は66.4%と2.3ポイント低下した。

一方、アイルランドの格安航空大手ライアンエアーの乗客数は前年比8%増の1億3,920万人と、ルフトハンザに及ばなかった。

英ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)の2018年の乗客数は1億1,292万人で、1年前から7.7%拡大。仏蘭資本のエールフランスKLMは2.8%増の1億144万7,000人だった。


関連国・地域: 英国ドイツフランスアイルランドオーストリアスペインスイスノルウェーオランダ欧州
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

独シェフラー、東部でベアリング工場拡張(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン