• 印刷する

VW、電力小売事業に参入=新ブランド設立

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は8日、エネルギー供給や電気自動車(EV)などの充電ソリューションを提供する新会社を設立すると発表した。個人・法人向けに、VWグループの車両に対応したエネルギー・充電関連の製品とサービスを開発する。

新ブランド「Elli」はベルリンを本拠とし、住居向けグリーン電力供給、壁掛け式のEV充電ボックス、充電ステーション、IT(情報技術)をベースとしたエネルギー管理システムなどをポートフォリオとする予定。電力供給サービスはEV保有の有無に関わらず受けられ、水力発電などの再生可能エネルギーを由来とする。EV充電ボックスは交流(AC)で、出力は11キロワットと夜間の充電に最適だ。充電ステーションは企業の駐車場やディーラーに設置される予定で、VWの自社駐車場でのステーション設置数は現在の1,000基から2020年までに5,000基超に拡大する予定。また、欧州連合(EU)域内のディーラーやサービスパートナー約4,000社の施設にも充電設備を設ける計画だ。

同社はまた、グループ外の顧客に対しても再生可能原料を用いた100%二酸化炭素(CO2)ニュートラルなグリーンエネルギーを供給する方針。「Elli」のトルステン・ニクラス最高経営責任者(CEO)は「われわれのミッションはeモビリティーをニッチな存在から主流に置き換えること」と強調。同社の名称は、エレクトリックとライフの頭2文字ずつを組み合わせたもので、電動車が人々の日常に完全に溶け込むライフスタイルの創造を目指すとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ツィプセ取締役を新CEOに指名へ(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

独オンライン銀行N26、1.7億ドルを調達(07/19)

ワイヤーカード、アウトアインスと提携(07/19)

企業ソフトSAP、第2四半期は19%減益(07/19)

オークマ、ドイツ販売代理店を子会社化(07/19)

フォグホーンとポルシェ、顔認証にAI活用(07/19)

欧州委、ボーダフォンの欧州資産取得を承認(07/19)

CDU党首、国防相に就任 フォンデアライエン氏の後任(07/18)

ドイツ銀、デジタル化に向けた投資を縮小(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン