• 印刷する

地中海経由の難民流入数、西が伊抜き首位に

欧州対外国境管理協力庁(FRONTEX)によると、地中海経由でスペインに流入した移民や難民の数は2018年に倍増した。欧州への不法な流入ルートの受け入れ先としてイタリアを抜き、統計開始以降初めて首位に立った。

昨年欧州に不法流入した移民の数は、前年比約25%減の15万人となり、過去5年間で最低を記録。移民増のピークとなった2015年と比べると92%下がっている。この背景には、地中海中部を通ってイタリアに流入する移民の数が激減したことがある。2018年の流入数は前年をおよそ80%下回る2万3,000人にとどまった。このルートの出発点となるアフリカ北部からの出国数も、リビアは87%、アルジェリアは50%近くそれぞれ減っている。

半面、地中海西部を通ってスペインに流入する移民の数は5万7,000人に倍増。欧州連合(EU)加盟国の多くがアフリカからの移民の受け入れに難色を示す一方で、スペインの社会労働党(PSOE)政権は移民対応を重要政策の一つとして位置付け、人権を最重視する構えを見せている。

なお陸路を含め、地中海東部からトルコやギリシャを通って流入する移民の数は約3割増の5万6,000人だった。


関連国・地域: EUイタリアギリシャスペイントルコアフリカ
関連業種: 運輸政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西裁判所、マドリードの通行規制復活を命令(07/18)

社会労働党、極左ポデモスとの連携交渉決裂(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

財務相「合意なき離脱なら英は主導権失う」(07/16)

セアト、ドローンによる部品配送を試験導入(07/12)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

社会労働党、ポデモスとの連携協議に失敗(07/11)

アエルノバ、ボンバルディアの事業に関心か(07/09)

マドリード、中心部の車両通行規制が復活(07/09)

スペイン鉱工業生産、5月は1.4%増加(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン