• 印刷する

トルコのインフレ率、12月は20.3%に減速

トルコ統計局(TUIK)は3日、2018年12月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比20.3%上昇したと発表した。伸びは前月の21.6%から減速した。

最も値上がりしたのは家具・住宅設備で、大きく31.4%上昇。食品・非アルコールと水道・電気・ガス・その他燃料はそれぞれ25.1%、23.7%値上がりした。娯楽・文化(20.9%)やホテル・外食(19.8%)の伸びも目立つ。

CPIは前月比では0.4%低下し、うち衣料品・履物は4.1%、運輸は2.6%値下がりした。

併せて発表された12月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比33.6%上昇。伸びは11月の38.5%から減速した。前月比では2.2%低下している。

トルコ中央銀行は昨年12月に開いた金融政策委員会(MPC)で、主要政策金利の1週間レポ金利を24%に据え置くことを決めた。先には政府と、インフレ率を1桁台に低下させた上で、中期的に5%での安定化を目指すことで合意していた。


関連国・地域: トルコ
関連業種: 食品・飲料繊維その他製造金融運輸電力・ガス・水道サービス観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州議会外交委「トルコの加盟交渉停止を」(02/22)

ゴディバ、アジア・太平洋事業を一部売却(02/21)

トルコ、ターキッシュ・ストリームに投資(02/21)

中国・華為、トルコでクラウド通信網を整備(02/21)

ホンダ、英国工場を閉鎖へ トルコでの生産も終了=2021年に(02/20)

トルコ鉱工業生産、12月は9.8%減少(02/20)

レンゴー、トルコ北西部に新会社設立(02/19)

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル(02/19)

トルコ失業率、11月は12%に悪化(02/18)

韓国ハンファ、トルコ太陽光発電から撤退か(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン