• 印刷する

英中銀、政策金利を0.75%に据え置き

英中銀イングランド銀行は19日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利を0.75%に据え置くことを決めた。金融資産購入による量的緩和策の規模についても、4,350億ポンドで維持している。据え置きは大方の予想通り。

議事録によると、据え置きは委員9人の全会一致で決定した。

中銀は、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感がここ1カ月に「大幅に高まっている」と警告。このため、最新データに基づく金利政策の見通しを示すことを控えた。今後の利上げについては前回と同様、ブレグジットが円滑に進めば、インフレ率を目標の2%にとどめるため、向こう3年に政策金利を1.5%まで引き上げる必要があると述べるにとどまっている。

11月のインフレ率は2.3%と、10月から0.1ポイント減速したものの、依然として中銀の目標を上回っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

3度目の採決実施に議長介入 前回と同じ内容認めず=EU離脱(03/19)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

台湾・上銀、イタリア新工場を年末稼働へ(03/19)

ワールドペイ、米FISに身売りで合意(03/19)

JDスポーツ、フットアサイラムに買収提案(03/19)

三菱商事と中電、海底送電事業の交渉権取得(03/19)

BMW、通期は16.9%減益(03/19)

スタンチャート、アプリで出金を香港で開始(03/19)

IHG、高級ホテル開業で豪事業拡大へ(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン