ロンドンの渋滞税、米配車ウーバーも対象に

ロンドンのサディク・カーン市長は19日、民間のミニキャブやハイヤーに対する渋滞税(通行料)の免除措置を2019年4月8日から廃止すると発表した。都心部の大気汚染と渋滞の軽減に向けた措置の一環。 ロンドンは都心部で平日午前7時~午後6時に、低排出車や電気自動車(EV)…

関連国・地域: 英国米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

保守党、来年4月の法人税引き下げを棚上げ(11/20)

エア・アラビア、エアバスに120機発注(11/20)

保守党、税負担軽減での地方活性化を公約(11/20)

格安航空イージージェット、通期は26%減益(11/20)

政府、米アドベントの英コバム買収承認へ(11/20)

ファースト、主要株主が米事業売却を要求(11/20)

印鉄鋼タタ、欧州で最大3千人整理(11/20)

英コネクテッド、廃タイヤをEV充電に活用(11/20)

EU移民の優遇廃止を公約 保守党、他国出身者と「平等に」(11/19)

印鉄鋼タタ、欧州事業で人員削減を検討(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン