ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO留任を決定

仏自動車大手ルノーは13日、取締役会を開催し、カルロス・ゴーン容疑者の会長兼最高経営責任者(CEO)留任を決定したと発表した。内部調査の結果、ゴーン氏の報酬やこれを承認した条件がフランス法に準拠していたと判断したため。 取締役会では、ルノーの弁護士から日産が実施…

関連国・地域: 英国フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

パリ航空ショーが17日開幕 「三菱スペースジェット」初披露(06/18)

EU、北マケドニアの加盟交渉開始を承認へ(06/18)

仏PSA、EVバッテリーを欧州で生産へ(06/18)

トルコ自動車生産、5月は7.9%減少(06/18)

米GE、スイスで450人追加整理へ(06/18)

日産、ゴーン被告の不正巡る内部調査を拡大(06/18)

フランス、国民役務制度を試験導入(06/18)

エアバス、7カ国と「A400M」の契約改定(06/17)

FCA、エンジーなどとEV充電網で提携(06/17)

エア・リキード、蘭メディディスを買収(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン