ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO留任を決定

仏自動車大手ルノーは13日、取締役会を開催し、カルロス・ゴーン容疑者の会長兼最高経営責任者(CEO)留任を決定したと発表した。内部調査の結果、ゴーン氏の報酬やこれを承認した条件がフランス法に準拠していたと判断したため。 取締役会では、ルノーの弁護士から日産が実施…

関連国・地域: 英国フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー取締役会、新体制協議へ ゴーン氏はトップ解任に同意か(01/23)

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

外食アウトグリル、仏同業に事業買収提案か(01/23)

フランス、グーグルにGDPR違反で罰金(01/23)

仏独、外交・防衛の新協力条約を締結(01/23)

仏政府、中国・華為を標的に法案修正を検討(01/23)

ユーロ圏、財政赤字が拡大 対GDP比0.5%=EU上限内に(01/23)

ルノー、マキシンドをインドネの代理店に(01/23)

オペル、ポーランド南部で新エンジン生産(01/22)

テレコムイタリアの通信網分離、当局が却下(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン