トルコ中銀、政策金利を24%に据え置き

トルコ中央銀行は13日に開いた金融政策委員会(MPC)で、主要政策金利の1週間レポ金利を24%に据え置くことを決めた。市場予想通りだった。 減税や通貨トルコリラの回復を背景に、インフレ率は11月に21.6%まで減速。投資家の間では、早くも金融政策が緩和されるとの懸念が広…

関連国・地域: トルコ米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

クリミア沖で貨物船2隻が炎上、10人死亡(01/23)

ラインメタル、武器禁輸で独政府を提訴へ(01/22)

トルコ、金融不安対策の非常権限を大統領に(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

人造石ベレンコ、韓国・ロッテ子会社が買収(01/21)

トルコ中銀、政策金利を24%に据え置き(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

トルコ失業率、10月は11.5%に悪化(01/16)

自動車アナドルいすゞ、生産調整へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン