VW、内燃エンジン開発は次世代版で最後

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2026年に発売予定の次世代版を最後に、内燃エンジン車の開発を終了するもようだ。11月には電気自動車(EV)などの新技術への大型投資を打ち出しており、2015年に発覚した排ガス不正問題からの立ち直りとグリーン化に向けた動きの一環…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo、独成長率見通しを下方修正(09/13)

ダイムラー、ブカレストにHVバス供給へ(09/13)

フランクフルト国際モーターショーが開幕(09/13)

ZF、ハルデックスの20%株を放出へ(09/13)

仏ミシュラン、コンチネンタルと合弁設立へ(09/13)

愛ライアンエアー、独操縦士とCLA締結(09/13)

化学BASF、LIB再利用で仏2社と提携(09/13)

DHL、向こう3年でタイに6千万ドル投資(09/13)

独外相と香港活動家の面会、中国が抗議(09/13)

欧州司法裁、ロシアの独ガス導管利用を制限(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン