VW、内燃エンジン開発は次世代版で最後

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2026年に発売予定の次世代版を最後に、内燃エンジン車の開発を終了するもようだ。11月には電気自動車(EV)などの新技術への大型投資を打ち出しており、2015年に発覚した排ガス不正問題からの立ち直りとグリーン化に向けた動きの一環…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独ダイムラー、ハンガリー工場閉鎖を延長(03/30)

独、自主隔離者の追跡にビッグデータ活用も(03/30)

コンドル航空、独政府に公的支援を申請(03/30)

ドイツ、フィリピン人看護師を増員も(03/30)

コアスタッフ、ドイツで販売子会社を設立(03/30)

独議会、経済支援策を可決 新型コロナ対策で7500億ユーロ(03/27)

消費者信頼感、4月は過去10年超で最低(03/27)

ルフトハンザ、無料の予約変更期間を延長(03/27)

VW「独自動車市場は夏には回復」(03/27)

ボッシュ、新型コロナ検査キットを開発(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン