VW、内燃エンジン開発は次世代版で最後

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、2026年に発売予定の次世代版を最後に、内燃エンジン車の開発を終了するもようだ。11月には電気自動車(EV)などの新技術への大型投資を打ち出しており、2015年に発覚した排ガス不正問題からの立ち直りとグリーン化に向けた動きの一環…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ、新たなEV購入支援策を始動(02/21)

ドイツ鉄道、アリバ上場計画を再延期(02/21)

ダイムラー、経営体制をスリム化(02/21)

VWのウィッターCFO、来年6月に退任へ(02/21)

ドイツ機械輸出高、2019年は1.5%減少(02/21)

メルク、デルマにアレルギー事業売却(02/21)

独消費者信頼感、3月はやや悪化(02/21)

VW、南アでEV版「ゴルフ」試験展開(02/21)

独西部で銃撃事件、9人死亡=極右の犯行か(02/21)

テューリンゲン州で4月にも出直し州議選か(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン