• 印刷する

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は19日、グループ全体の10月世界販売台数が84万6,300台となり、前年同月比10%減少したと発表した。9月に導入された欧州連合(EU)の新基準「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)」の影響で西欧での販売は引き続き前年を下回ったものの、落ち込みは緩和している。

10月の実績をブランド別に見ると、「VW」ブランドは51万6,900台と6.2%減少。高級車のアウディは25.7%縮小した。スペインのセアトは16.8%、チェコ子会社シュコダは7.4%それぞれ落ち込んだ。高級スポーツカーのポルシェも11.4%減っている。

地域別に見ると、欧州は29万5,400台と15.6%減少。西欧は19.3%縮小し、うちドイツは23.2%落ち込んだ。半面、中東欧は0.2%増加し、ロシアに限ると22.4%伸びている。

米国は3.6%減の5万300台。中国は8.3%減の36万5,100台だった。中南米はブラジルが大きく56.7%拡大し、全体で19.8%伸びている。

1~10月の累計販売台数は全世界で前年同期比2.6%増の897万6,500台となっている。[EU規制][環境ニュース]


関連国・地域: ドイツEUスペインチェコロシアアジア米国中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

気候対策の新機関設立を検討 SPDと緑の党、債権発行も(10/20)

独政府、11月25日に非常事態宣言終了も(10/20)

N26、9億ドル超を調達=独で最高評価額に(10/20)

オペル、排ガス不正で罰金=法的手続き免除(10/20)

デリバリー・ヒーロー、同業ゴリラに出資(10/20)

独3党の連立交渉が本格化へ 緑の党とFDP、党会合で承認(10/19)

CDUラシェット党首、西部州首相を辞任へ(10/19)

水電解槽サンファイア、1億ユーロ超を調達(10/19)

シーメンス、LDA事業の分社化検討(10/19)

商船三井、船舶用主機関の発注で独社と協定(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン