• 印刷する

食品加工プレミア・フーズ、CEOが辞任へ

英食品加工大手プレミア・フーズのギャビン・ダービー最高経営責任者(CEO)は13日、来年1月31日付で辞任すると発表した。同CEOを巡っては、7月の株主総会で第2の大株主である香港の投資会社オアシス・マネジメントが辞任を要求したものの、筆頭株主である日清食品ホールディングスが同氏を支持したため、再任されていた。

取締役会は後任の人選に着手する。ダービー氏は2013年にCEOに就任。プレミア・フーズは2016年に米調味料大手マコーミック(McCormick)から買収提案を受けたが、金額面で折り合いがつかず提案を拒否する一方、日清食品から17.27%の出資を受け入れた。プレミア・フーズの株価はその後に3割超下落している。

プレミア・フーズがこの日に発表した上半期(9月29日までの26週間)の決算は、税引き前利益(特別損益除く)が3,020万ポンドとなり、前年同期比14.3%拡大した。売上高は1.3%増の3億5,800万ポンド。純負債は期末時点で5億950万ポンドと、1年前から2,580万ポンド減った。

同社は併せて、カスタードやライス・プディングを手掛ける「アンブロシア(Ambrosia)」の売却に向け、複数の企業と交渉していると明らかにした。負債を圧縮するとともに、成長性の高いブランドに専念する狙い。

なお、プレミア・フーズは英国の欧州連合(EU)離脱後の見通しがなお立たないことを受け、間もなく原材料の在庫拡大に着手する方針も明らかにした。港での通関手続きによる調達の遅延を避けるため。この結果、第4四半期には営業資本が最大1,000万ポンド減る可能性があるとしている。[労務][M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: 英国EUアジア米国
関連業種: 食品・飲料金融マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

英当局、送ガス電事業者の利益率半減を提案(07/10)

ライアンエアー、英客室乗務員の減給で合意(07/10)

HSBC、米国の一部事業で4億ドル損失も(07/10)

BP、印再生エネ基金に7千万ドル出資(07/10)

ロンドンでクレーンが民家直撃、1人死亡(07/10)

若者の雇用創出に20億ポンド 英政府、VAT減税や外食支援も(07/09)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

ボルボ、英ブロックチェーン会社に投資(07/09)

英、北アにEUの検疫施設を設置へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン