• 印刷する

英鉄道2社、女性運転士の増加キャンペーン

イングランド南東部で路線網を展開する鉄道サウス・イースタンとイングランド東部の鉄道グレーター・アングリアが、女性運転士の増加を目指すキャンペーンを展開している。

サウス・イースタンは12日、男性の仕事という先入観を持たれがちな鉄道業界において、女性従業員を増やす取り組みを発表。現在、同社の女性運転士の割合は4.5%にすぎないが、2021年までに女性の運転士志願者を40%まで引き上げる目標を掲げる。就職活動支援や女性向け求人サイトとの協力で積極的に門戸を開くほか、内部でも女性社員向けの指導プログラムや交流団体の立ち上げなどを行う。

グレーター・アングリアでも現在、女性従業員の割合は22%と低く、うち運転士は5%に満たない。同社も10月、女性運転士の数を増やす内部での採用キャンペーンを立ち上げたことを発表していた。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブロバン事業者、割安契約の提示義務付けへ(12/17)

アイルランドで人工中絶許可法案が成立(12/17)

LVMH、ホテル運営の英ベルモンドを買収(12/17)

英首相、EU首脳の説得失敗 合意なし離脱の準備加速へ(12/17)

三菱商事、英で炭素繊維の再資源化事業参画(12/17)

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO留任を決定(12/17)

ガスプロム、伊藤忠とバルト海LNGで覚書(12/17)

12月は過去4年超で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(12/17)

MHIヴェスタス、英で風力発電設備を受注(12/17)

ユニリーバ、越国家監査部が法人税追徴提案(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン