• 印刷する

KPMG、英大企業へのコンサル業務を制限

大手会計事務所KPMGは同社が会計監査を担当している英国の大企業に対し、コンサルティングなどのサービスの提供を停止するもようだ。同社を含む4大会計事務所の監査の質が疑問視され、分割を求める声が上がっていることを受けた措置。KPMGのビル・マイケル会長がパートナー社に宛てた文書を元に、BBC電子版などが伝えた。

同会長はこの文書で、ロンドン証券取引所(LSE)のFTSE350種指数を構成する大手企業で、同社が会計監査を担当している企業に対しては、監査以外のサービスの提供を取りやめる準備を進めていると明らかにした。1つの企業から監査とコンサルティングの両方を引き受けることによる「利益相反の疑いを取り除くため」と説明している。フィナンシャルタイムズによると、これが実行されれば同社は7,900億ポンドの売り上げを失うことになる。

KPMG、プライスウォーターハウスクーパース(PwC)、デロイト、アーンスト&ヤング(EY)の4大手会計事務所を巡っては、建設大手カリリオンの経営破綻を機に、監査機能を適切に果たしていないとの批判が高まっている。6月には監査業界の監督機関である英財務報告評議会(FRC)が、4社の監査の質は低下しており、特にKPMGの質の低下は「容認できないレベル」と指摘。10月には英競争・市場局(CMA)が調査に着手し、4大会計事務所の分割も含めたあらゆる是正策を検討する方針を示している。

こうした中、デロイトも同社が監査を担当しているFTSE350構成企業や公共性の高い企業への監査以外のサービス提供を取りやめることや、一部サービスで自ら市場シェアの上限を定めることなどを検討している。また、PwCも、監査を引き受ける顧客企業へのその他サービスの提供を制限する必要性を認めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

競争当局、米2社の調査着手 マイクロソフトとオープンAI(12/11)

携帯4社に集団訴訟=33億ポンド賠償も(12/11)

商品ブローカーのマレックス、米上場目指す(12/11)

ワインのチャペル・ダウン、AIMに上場(12/11)

KPMG、英・スイス事業の統合検討(12/11)

建設業PMI、11月はやや低下=分岐点割れ(12/11)

英政府、移民移送法案を提出 「ルワンダは安全」=担当相辞任(12/08)

英当局、航空3社のグリーン広告を禁止(12/08)

英JDスポーツのオランダ子会社、経営破綻(12/08)

航空機部品AOGの不正疑惑、英当局が捜査(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン