飼料デ・ハウス、越北部で豚肉処理場を開設

ベトナムのビエンドンDHSは、オランダの飼料製造デ・ハウス(De Heus)と合弁で、北部ナムディン省に豚肉の処理・加工施設を開設した。投資額は3,500億ドン(1,500万ドル)。ダウトゥ電子版が報じた。 同処理場の処理能力は1時間当たり豚300匹(100~150キログラムに相当)で…

関連国・地域: オランダアジア
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

人材ランスタッド、第2四半期は4%減益(07/24)

小売りスパー、印南部で5号店が開設(07/23)

眼鏡ルクソティカ、蘭同業と買収協議(07/19)

蘭KLM、授乳時に覆い求めた対応に批判(07/19)

カーナビのトムトム、第2四半期は大幅増益(07/18)

アルバート・ハイン、配達ロボット試験運用(07/16)

蘭社の3Dプリンター、インドネで販売へ(07/16)

ハイネケン「マのノンアル飲料は非ハラル」(07/16)

児童死亡の蘭電動カート、使用再開に新規制(07/15)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン