通信テレフォニカ、第3四半期は36%増益

スペインの通信大手テレフォニカは10月31日、第3四半期(7~9月)の純利益が11億3,900万ユーロとなり、前年同期比35.8%増えたと発表した。為替差損が逆風となったものの、中南米や英国が好調でこれを補った。 売上高は116億9,900万ユーロと8.3%減少。継続事業・恒常為替レー…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン中南米
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売りアルカディア、23店舗の閉鎖を検討(05/24)

ビュログ、ルノーとカーシェア車両共同生産(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

アウルビス、リサイクルのメタロを買収(05/24)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

サイペム、中東とノルウェーでEPC受注(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン