• 印刷する

IAG、0.7%増益 燃料価格上昇もプラスを確保

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は26日、第3四半期(7~9月)の営業利益(特別損益除く)が14億6,000万ユーロとなり、前年同期比0.7%増加したと発表した。燃料価格の上昇や為替差損が影響したものの、市場予想を上回った。

売上高は8.5%増の71億4,000万ユーロ。うち旅客収入は63億8,800万ユーロと8%伸びた。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で7%拡大。搭乗率は86.5%と1年前から0.3ポイント上昇した。純利益は0.1%減の11億3,500万ユーロだった。

IAGは通年について、特別損益を除く営業利益が1年前から約2億ユーロ増加し、31億5,000万ユーロ程度になるとの見通しを示した。

なお、BAは25日、ハッキング攻撃により顧客データが流出した件を巡り、さらに18万5,000件の個人情報が盗まれたと明らかにした。うち7万7,000枚のクレジットカードやデビットカードについては、顧客の氏名や住所、電子メールアドレスといった個人情報と、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティーコードなどの支払情報が流出。残り10万8,000枚はセキュリティーコードを除くこれらの情報が奪われた。先に公表した被害分を含めると被害件数は42万9,000件に上る。


関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英米、鉄鋼関税の協議開始 中国の過剰生産対応で協力へ(01/21)

電池モンバット、英アルファハウスと提携(01/21)

ユニリーバ、GSKの部門買収額の増額拒否(01/21)

英求人広告、1割がリモートワーク提示(01/21)

スタンチャート、同業の香港信託事業を買収(01/21)

R・ロイス、シンガポール社と保守契約(01/21)

英、27日からコロナ規制緩和 在宅勤務推奨やマスク義務廃止(01/20)

資源リオ、セルビアのリチウム鉱床計画停止(01/20)

インフレ率、12月は5.4%=過去30年で最高(01/20)

生産者物価、12月は9.3%上昇(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン