• 印刷する

米当局が条件付き承認 リンデの合併計画、成立に近づく

米連邦取引委員会(FTC)は22日、独産業ガス大手リンデ・グループと米同業プラクスエア(Praxair)の合併について、リンデが米国事業の一部を売却することを条件に承認すると発表した。欧州委や中国当局は既に計画を承認しており、取引成立が近づいた形だ。

FTCは、両社の合併により米国で酸素、窒素、アルゴン、水素、二酸化炭素、バルクの液体ヘリウム、エキシマレーザー用の混合ガス、石化産業向け水素、一酸化炭素の合成ガス(HyCO)の分野で競争を阻害する可能性があると指摘。リンデが米国に保有する該当事業を独同業メッサー(Messer)・グループと英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから成るコンソーシアムに売却するよう求めたほか、HyCO施設5カ所を米同業マチソン(Matheson)・トライガスに、別の2カ所を他企業にそれぞれ引き渡すことを命じた。

FTCによると、リンデとプラクスエアは4カ月以内にこれらの要件を満たすことで合意している。リンデは今回の決定を受け、合併から向こう3年間のシナジー効果を当初見通しの12億ドルから11億〜12億ドルに下方修正した。

リンデとプラクスエアは昨年6月、対等合併で正式合意。実現すると、仏エアリキードを抜き業界最大手が誕生する。承認獲得に向け、両社は、プラクスエアの欧州11カ国の事業を、50億ドルで大陽日酸に売却することで合意。また、メッサーらと、米国の一部事業売却で協議を進めていた。[M&A][日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツEUアジア米国
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン