• 印刷する

ライアンエアー、7%減益 ストと燃料コスト上昇が影響

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは22日、上半期(4~9月)の純利益が12億ユーロとなり、前年同期比7%減少したと発表した。パイロットや客室乗務員によるストライキが相次いだほか、燃料コストの上昇が影響した。

売上高は8%増の47億9,000万ユーロ。乗客数は7,660万人と6%増えた。搭乗率は96%で1年前から横ばいだった。平均運賃は46ユーロ弱と3%低下。1座席当たりの平均コストは10%伸びた。燃料費を除くと7%上昇している。

同社は上半期について、付帯収入は大きく27%拡大したものの、燃料価格の上昇や従業員のスト、ストの影響を受けた乗客への払い戻しなどの対応コストが平均運賃を押し下げたとみる。下半期については、第3四半期の運賃が予想を下回る上、来年のイースター休暇が第4四半期にかからないことから、運賃が低下すると予想。また、通期の純利益は11億~12億ユーロになるとの見通しを維持した。

ライアンエアーは8月、墺ラウダモーション(LaudaMotion)の出資比率を75%に引き上げた。通期の乗客数は1億3,800万人と前年比6%増加すると予測。ラウダモーションの乗客数を含めると1億4,100万人に拡大する見込みだ。[労務]


関連国・地域: アイルランドオーストリア
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、「737MAX」問題で夏季減便(07/17)

建材CRH、欧州流通事業を米社に売却(07/17)

武田薬品、ダブリンで最先端原薬工場を開所(07/17)

アイルランドGDP、第1四半期は2.4%増(07/15)

次期欧州委員長候補、英離脱の再延期を容認(07/12)

米FB、データ転送巡り欧州司法裁が審理(07/10)

プライマーク創業者のライアン氏が死去(07/10)

アエルノバ、ボンバルディアの事業に関心か(07/09)

米アップル、愛当局がGDPR巡り調査開始(07/04)

6月は過去7カ月で最高 ユーロ圏総合PMI確定値(07/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン