• 印刷する

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は18日、旧式ディーゼル車からの買い替えで優遇策を提供すると発表した。政府が進める旧式ディーゼル車の乗り換え促進策を踏まえた措置。

対象となるのは、欧州連合(EU)の排ガス基準「ユーロ1」〜「ユーロ4」に準拠するディーゼル車の廃車手続きを行った上で、VWの新車に買い換える場合で、購入するモデルに応じて1,500〜8,000ユーロを割り引く。廃車にする旧式ディーゼル車のメーカーは問わない。

また、二酸化窒素(NO2)による大気汚染が深刻な14都市の在住者については、追加の優遇策も提供する。旧式ディーゼル車を「ユーロ5」または「ユーロ6」に準拠するモデルに買い換える際、中古車の下取り価格に500〜7,000ユーロのプレミアムを上乗せする計画だ。

ドイツ政府は先に、ミュンヘン、シュツットガルト、ケルン、ハンブルク、デュッセルドルフなど14都市で、旧式ディーゼル車の所有者に買い替え優遇策か車両の改修を提供することを決めた。買い替え優遇策では、VW以外にもダイムラーが新車1台当たり最大5,000ユーロ、BMWが6,000ユーロを割り引く意向を示している。一方、車両の改修制度は旧モデルに排ガスを低減するための装置を取り付けることを検討しているが、こちらは自動車メーカーの抵抗もあり、導入には時間がかかるとみられている。[環境ニュース][EU規制]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン