ルイ・ドレフュス、上半期は36.5%減益

仏穀物メジャーのルイ・ドレフュス(Louis Dreyfus)・コモディティーズは8日、上半期(1~6月)の純利益が1億100万ドルとなり、前年同期比36.5%減少したと発表した。世界的な情勢不安によりコモディティー業界全体が揺れ動いたほか、米国と中国の貿易紛争の影響を受けた。 …

関連国・地域: フランスアジア米国アフリカ
関連業種: 食品・飲料化学農林・水産マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド新車登録台数、11月は2.1%増加(12/07)

チェコ新車登録台数、11月は15.9%減少(12/07)

ユニバージー、ジンバブエで太陽光発電所(12/07)

来年の燃料税引き上げを撤回 仏政府、暴動深刻化で方針転換(12/07)

ルクセンブルク、全公共交通機関を無料化へ(12/07)

家電6社、仏当局が価格カルテルで罰金(12/07)

ホンダR&Dイノベ、欧州のVCと協業開始(12/07)

サノフィ、仏で従業員670人の整理を検討(12/07)

三菱重工、インマルサットの衛星打ち上げへ(12/07)

石油トタル、電動車向けの高性能液を開発(12/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン