トタルとアラムコ、石化施設開発で合意

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは8日、仏石油メジャーのトタルと、サウジ東部ジュバイル(Jubail)での石油化学コンプレックスの共同開発に向けた契約を締結した。合弁会社SATORPを通じて運営する既存の精製施設に、約50億ドルを投じて新たにミックスフィード…

関連国・地域: フランス中東
関連業種: 化学金融建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

フランス、デジタル課税を来年1月に導入(12/19)

伊スパークリングワイン輸出高が過去最高に(12/19)

離脱協定巡る下院投票、1月第3週に=首相(12/19)

ユーロ圏、共通予算の創設で合意(12/19)

ルノー・日産・三菱、蘭で2日間の会合(12/19)

エアバス、ハンガリーにヘリ部品の工場建設(12/19)

エンジー、仏政府がガス料金の維持要請(12/19)

住友商事、仏で洋上風力発電の権益獲得(12/19)

トタル、越中南部でガス火力発電所を計画(12/19)

印自動車部品マザーサン、レオニを買収か(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン