• 印刷する

英国の若者、過半数が貯金の習慣なし

英国の若者の過半数が、貯金の習慣をなくしている――。英政府統計局(ONS)が4日発表した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

ONSは2014年~2016年にかけて英国に在住する22~29歳の若者を対象に調査を実施。その結果、全体の53%が貯蓄口座や非課税の個人貯蓄口座(ISA)に貯金が一切ないことが分かった。前回調査を実施した2008年~2010年の41%を大きく上回っている。

一方、貯金をしている若者の平均貯蓄額は1,600ポンドと、前回の900ポンドから2倍近くに増えた。

ただ、貯蓄額の差は大きく、貯金をしている若者の上位10%は少なくとも1万5,000ポンドを貯めているのに対し、下位100%は100ポンド未満にとどまっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ITのソフトライン、英露上場の仮条件設定(10/19)

英でEV部品生産に投資 フォード、販売目標達成に前進(10/19)

バルネバ、治験でアストラ製に優位性示す(10/19)

英中銀総裁、インフレ抑制で利上げを示唆(10/19)

COP26スポンサー企業が英国政府に苦情(10/19)

建設業界の脱炭素化、業界団体が達成疑問視(10/19)

自動車MG、印で新SUV発売(10/19)

英下院議員が男に刺され死亡=テロ断定(10/19)

ラテラルフロー検査も可能に 英入国後の感染検査=24日から(10/18)

スコットランド鉄道2社、COP26中にスト(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン