• 印刷する

英国の若者、過半数が貯金の習慣なし

英国の若者の過半数が、貯金の習慣をなくしている――。英政府統計局(ONS)が4日発表した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

ONSは2014年~2016年にかけて英国に在住する22~29歳の若者を対象に調査を実施。その結果、全体の53%が貯蓄口座や非課税の個人貯蓄口座(ISA)に貯金が一切ないことが分かった。前回調査を実施した2008年~2010年の41%を大きく上回っている。

一方、貯金をしている若者の平均貯蓄額は1,600ポンドと、前回の900ポンドから2倍近くに増えた。

ただ、貯蓄額の差は大きく、貯金をしている若者の上位10%は少なくとも1万5,000ポンドを貯めているのに対し、下位100%は100ポンド未満にとどまっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

ノルウェー政府基金、英G4Sの株式売却(11/15)

小売売上高、10月は0.1%減少(11/15)

ナショナル・グリッド、上半期は23%減益(11/15)

バーバリー、上半期は11%増益(11/15)

ロイヤル・メール、高裁がスト計画差し止め(11/15)

BHP、豪石油ガス資産の売却を検討か(11/15)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる(11/14)

インフレ率、10月は1.5%に減速(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン