• 印刷する

テスコ、上半期は24.4%増益 ブッカーが2桁増収で貢献

スーパー英最大手テスコは3日、上半期(8月25日までの26週間)の営業利益(特別損益除く)が9億3,300万ポンドとなり、前年同期比24.4%拡大したと発表した。3月に買収した食品卸売で英最大手だったブッカー・グループが2桁台の増収を実現したことに加え、主力事業における夏場の売り上げ拡大が貢献した。

売上高(ガソリン・VAT除く)は12.8%増の282億9,400万ポンド。既存店・恒常為替レートベースでは2.2%増加した。足元の英国・アイルランドが実質3.8%の増収を確保した一方、中欧は1.5%縮小。アジアも7%減少した。

デーブ・ルイス最高経営責任者(CEO)は「今年は良いスタートを切れた。特に英国・アイルランドでの増収が貢献し、11四半期連続で増益を達成できた。また、300点以上の新たなプライベートブランド(PB)商品への大規模な投資など、当社の約100年の歴史において最大のブランド刷新も行っている。」とコメントした。

テスコは当期、ブッカー買収の完了に加え、7月に小売りで世界2位の仏カルフールと共同調達を含む戦略的アライアンスを締結。10月よりこれを開始する計画だ。[M&A]


関連国・地域: 英国フランスアイルランド
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

英、在宅勤務を再び奨励 飲食店は営業短縮=半年継続も(09/23)

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ABインベブ、ビールに注意表示へ(09/23)

「日本と北欧」を一つの場所で ロンドンにコンセプトストア(09/23)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

ユニリーバ、オランダ株主が本社一本化支持(09/23)

ウィットブレッド、最大6千人整理(09/23)

キングフィッシャー、上半期は23.1%増益(09/23)

HSBC、香港で基本サービスの手数料廃止(09/23)

英でのワクチン開発中断、韓国社に影響も(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン