カタルーニャ自治州、住民投票から1年

スペイン北東部カタルーニャ自治州で、同国の憲法裁判所の違憲判断を無視する形で独立を巡る住民投票が実施されてから1日で1年を迎えた。これを受けて、ジローナ県では独立派の数百人がデモを行い、バルセロナとリェイダ県では中央通りや鉄道路線などが一時封鎖された。インディ…

関連国・地域: スペイン
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

西裁判所、マドリードの通行規制復活を命令(07/18)

社会労働党、極左ポデモスとの連携交渉決裂(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

財務相「合意なき離脱なら英は主導権失う」(07/16)

セアト、ドローンによる部品配送を試験導入(07/12)

社会労働党、ポデモスとの連携協議に失敗(07/11)

ユーロ圏の成長見通し維持 欧州委、内需回復も輸出低迷(07/11)

アエルノバ、ボンバルディアの事業に関心か(07/09)

マドリード、中心部の車両通行規制が復活(07/09)

スペイン鉱工業生産、5月は1.4%増加(07/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン