• 印刷する

フォックス、スカイ株を売却 コムキャストが経営権完全取得へ

米メディア大手21世紀フォックスは26日、英衛星放送大手スカイの持ち株39.1%を、米ケーブルテレビ(CATV)最大手のコムキャストに売り渡す方針を明らかにした。入札で敗れたフォックスがスカイ株を手放すかは不透明だったが、コムキャストにとってはこれにより、スカイの経営権の完全取得に向けた最後の障害が取り除かれた格好だ。

コムキャストは英国の買収委員会(テイクオーバー・パネル)が主催した入札で、スカイ株1株当たり17.28ポンドを提示し、21世紀フォックスの15.67ポンドを上回って、争奪戦を制した。フォックスは、コムキャストの提示額通りでスカイの持ち株を手放す意向。売却額は116億ポンドに上る。

フォックスは、スカイの持ち株を含むエンターテインメント資産の大半を約710億ドルで米ウォルト・ディズニーに売却することで合意しており、ディズニーも今回、スカイ株の売却に同意している。ディズニーは、フォックスから取得する地域のスポーツ放送網も手放す方針で、これらによりフォックスの資産買収で引き継ぐ約300億ドルの債務が軽減される見通しだ。

フォックスを率いる世界的なメディア王ルパート・マードック氏は1989年、英公共放送BBCに対抗する狙いでスカイを共同設立。同氏は設立当初の財務危機で一時は破産寸前に追い込まれたが、スカイは現在、足元の英国をはじめ、ドイツやイタリアなど欧州5カ国で2,300万件近くの顧客を抱える欧州有数のメディア会社へと成長した。マードック氏は今回の決定により、約30年に及ぶスカイの経営から完全に手を引くことになる。

コムキャストのブライアン・ロバーツ会長兼最高経営責任者(CEO)によると、スカイは買収完了後も、ジェレミー・ダロックCEOの指揮の下、独立した経営を続けるという。[M&A]


関連国・地域: 英国ドイツイタリア米国
関連業種: 金融メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国、全店舗の営業再開へ 6月15日から社会的距離を条件に(05/27)

ドイツ、接触制限を6月29日まで延長も(05/27)

アストンマーティン、パーマーCEOが辞任(05/27)

英マクラーレン、1200人整理=F1中止響く(05/27)

ステージコーチ、運輸省が追加支援(05/27)

首相側近が「例外」行動釈明 外出制限中に400キロ移動(05/26)

英国、6月8日から入国者の自主隔離を導入(05/26)

英政府、戦略的企業を公的資金で救済も(05/26)

小売売上高、4月は過去最大の下落幅を更新(05/26)

アストンマーティン、パーマーCEO更迭へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン