• 印刷する

ダイムラーのCEOが退任へ 後任にR&D総括者=初の外国人

独自動車大手ダイムラーは26日、ディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)が、2019年5月の株主総会をもって退任すると発表した。2021年に監査役会会長に就任するため。後任には、研究開発(R&D)を統括するオラ・ケレニウス取締役が就任する。

現在、監査役会会長を務めるマンフレート・ビショフ氏は、2021年の株主総会を最後に任期を迎える。監査役会はその後任として、ツェッチェ氏を推す方針。監査役会会長への就任前には、2年の「クーリングオフ」期間が義務付けられることから、ツェッチェ氏は2019年の株主総会で退任することを決めた。ダイムラーは2016年に同CEOの任期を3年延長し、2019年12月末までとしていた。

ツェッチェ氏は1976年にダイムラーに入社し、1998年に取締役、2006年にダイムラークライスラー(当時)のCEOに就任した。就任後はクライスラーとの合併を解消するなど経営再建で手腕を振るった。高級車部門メルセデス・ベンツは同氏の下で金融危機後の販売不振から立ち直り、2016年には独BMWを押さえて12年ぶりに高級車市場で首位に立った。

後任のケレニウス氏は、2017年にR&D担当取締役に就任。それ以来、ツェッチェ氏の後継者と目されていた。ケレニウス氏はスウェーデン人で、ドイツ人以外がダイムラーのCEOに就くのは初めて。[労務]

2019年5月での退任が決まったツェッチェCEO(ダイムラー提供)

2019年5月での退任が決まったツェッチェCEO(ダイムラー提供)


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車金融雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン