• 印刷する

アルストムの燃料電池列車が商業運行開始

仏重電大手アルストムが手掛けた水素燃料電池で走るゼロエミッション列車「コラディア・アイリント(Coradia iLint)」が17日、ドイツ北部ニーダーザクセン州で商業運転を開始した。燃料電池列車として世界初となる。

「コラディア・アイリント」は、車両の屋根上に設置された燃料タンク内の水素を大気中の酸素と反応させて電気を生産。これにより床下に設置されたリチウムイオン電池を充電し、この電池を動力として走行する。排出するのは水蒸気だけで、二酸化炭素(CO2)は排出しない。また、低騒音も特徴の一つとして挙げられる。水素燃料満タン時の連続走行距離は最大800キロメートルで、乗客定員は最大300人、最高速度は時速140キロと、通常の在来線並みの水準だ。

新列車は、ニーダーザクセン州のブクステフーデ(Buxtehude)からブレーマーフェルデ(Bremervorde)、ブレーマーハーフェン(Bremerhaven)、クックスハーフェン(Cuxhaven)を結ぶ路線に導入された。路線の総延長は約100キロメートルに上る。

アルストムのアンリ・プパールラファージュ最高経営責任者(CEO)は新列車の運行開始について、「仏独のチームワークの結果であり、国境を超えた提携の成功例」とコメントしている。

ニーダーザクセン州は、2021年末までに燃料電池列車をさらに14両導入する方針。これに伴う投資総額は8,100万ユーロに上る見込み。[環境ニュース]

燃料電池列車として世界初の商業運転を開始した「コラディア・アイリント」(アルストム提供)

燃料電池列車として世界初の商業運転を開始した「コラディア・アイリント」(アルストム提供)


関連国・地域: ドイツフランス
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン