• 印刷する

スウェーデン総選挙、極右政党が議席数拡大

スウェーデンで9日行われた議会(一院制、定数349)選挙は、ロベーン首相率いる中道左派の与党・社会民主労働党が第1党を維持した。ただ議席数は減らし、連立相手の緑の党を加えても過半数に届いていない。最大野党で中道右派の穏健党も大幅に議席を減らしたものの、第2党の座を確保。一方、極右の民主党は改選前と同じ第3党にとどまる見通しだが、大きく議席を増やしている。

社会民主労働党は、改選前より12議席少ない101議席だった。これに連立相手の緑の党と、閣外協力する左翼党を加えた議席数は144議席となる。一方、穏健党も14議席減らし70議席にとどまったが、同党を中心とする中道右派連合は計143議席を確保し、与党連合とほぼ拮抗(きっこう)。両勢力とも過半数に届かなかったことから、今後は安定政権の樹立に向けた交渉が行われる見通しだ。

一方、一部の世論調査で第1党への躍進も予想された民主党は、移民受け入れの凍結と欧州連合(EU)離脱を訴えて支持を拡大し、49議席から62議席へと大きく議席を増やした。与党連合も中道右派連合も、今のところ同党と連立を組むことは拒否している。スウェーデンでは2015年に人口1人当たりの難民流入数が欧州で最多となり、国民の間で危機感が高まっている。


関連国・地域: EUスウェーデン欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ、30年までに電動車の販売割合5割に(04/21)

サンドビック、第1四半期は12%増益(04/21)

スウェーデン、移民背景の住民が3割超に(04/21)

印タタのオランダ製鉄所、周辺で健康被害(04/16)

ポールスター、外部資金5.5億ドル調達(04/16)

ライアンエアー、救済策巡る訴訟で再び敗訴(04/16)

イケア親会社、露の太陽光発電所に投資(04/15)

欧州7カ国、化石燃料の輸出保証停止へ(04/15)

北欧の航空会社、電動航空機の投入に意欲(04/14)

トラストリー、ストックホルム上場へ(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン