• 印刷する

書店ウォーターストーンズ、フォイルズ買収

英書籍販売大手ウォーターストーンズは7日、同業フォイルズを買収すると発表した。老舗書店を傘下に収めることで、米オンライン販売大手アマゾンの脅威に対抗する狙い。

取引は年内に完了する見通し。取引額は明らかにされていない。フォイルズは1903年に開業。ロンドンの書店街チャリングクロス・ロードの本店は、一時は国内最大の書店として名を馳せ、本好きの聖地とされた。現在は他にロンドンで3店舗と、ブリストルとバーミンガム、チェルムズフォードに店舗を構えるが、オンライン書籍販売の台頭を受け赤字が続いていた。

一方、ウォーターストーンズも一時は苦戦したが、ジェームズ・ドーント最高経営責任者(CEO)の下で接客サービスの向上や店内カフェといった店舗戦略に注力し、2016年に黒字に復帰。今年4月には、米ヘッジファンドのエリオット・アドバイザーズの英子会社に身売りすることで合意し、新オーナーの下で店舗網拡大の機会を伺っている。ウォーターストーンズは英国、アイルランド、オランダ、ベルギーで計283店舗の書店を運営。別の老舗書店ハッチャーズ(Hatchers)も傘下に持つ。

ドーントCEOは「消費者がアマゾンの誘惑に晒される中、フォイルズと力を合わせることにより、より優位な立場で本物の書店の良さを守りアピールしていくことができる」とコメントしている。[M&A]


関連国・地域: 英国ベルギーアイルランドオランダ米国
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン