• 印刷する

メルセデス、初の市販EV公開 来年に生産開始=テスラに対抗へ

独自動車大手ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツは4日、電気自動車(EV)ブランド「EQ」の第1弾となる完全電動型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「EQC」を初公開した。航続距離は450キロメートル。独北部ブレーメン工場で来年に生産を開始する。100億ユーロを投じてEVモデルを拡充する戦略の一環で、米EV大手テスラ(Tesla)などに対抗する狙い。

初公開された完全電動型のSUV「EQC」(メルセデス・ベンツ提供)

初公開された完全電動型のSUV「EQC」(メルセデス・ベンツ提供)

「EQC」は、2016年のパリ・モーターショーで発表したコンセプトカー「ジェネレーションEQ」のスタイリングを踏襲。SUV「GLC」と車台の一部を共有するが、より流線型のスポーティーな車体となっている。2基の電気モーターによる4輪駆動で、最高時速は180キロメートル。5.1秒で時速100キロメートルまで加速する。バッテリーは10%から80%まで40分ほどで充電できる。

ダイムラーは2016年11月、EV開発に最大100億ユーロを投資すると発表。2025年までに10モデルのEVを開発する計画を示していた。

高級EV市場はこれまでテスラの独壇場だったが、ここへきて独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級スポーツカー部門ポルシェや高級車部門アウディ、インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)の「ジャガー」ブランドも、完全電動型モデルの開発を進めている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン