• 印刷する

メルセデス、初の市販EV公開 来年に生産開始=テスラに対抗へ

独自動車大手ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツは4日、電気自動車(EV)ブランド「EQ」の第1弾となる完全電動型のスポーツタイプ多目的車(SUV)「EQC」を初公開した。航続距離は450キロメートル。独北部ブレーメン工場で来年に生産を開始する。100億ユーロを投じてEVモデルを拡充する戦略の一環で、米EV大手テスラ(Tesla)などに対抗する狙い。

初公開された完全電動型のSUV「EQC」(メルセデス・ベンツ提供)

初公開された完全電動型のSUV「EQC」(メルセデス・ベンツ提供)

「EQC」は、2016年のパリ・モーターショーで発表したコンセプトカー「ジェネレーションEQ」のスタイリングを踏襲。SUV「GLC」と車台の一部を共有するが、より流線型のスポーティーな車体となっている。2基の電気モーターによる4輪駆動で、最高時速は180キロメートル。5.1秒で時速100キロメートルまで加速する。バッテリーは10%から80%まで40分ほどで充電できる。

ダイムラーは2016年11月、EV開発に最大100億ユーロを投資すると発表。2025年までに10モデルのEVを開発する計画を示していた。

高級EV市場はこれまでテスラの独壇場だったが、ここへきて独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の高級スポーツカー部門ポルシェや高級車部門アウディ、インドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)の「ジャガー」ブランドも、完全電動型モデルの開発を進めている。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、ノルドストリーム2を政治的に利用も(01/19)

ウクライナ支援、英独の姿勢に温度差(01/19)

独景気期待指数、1月は大幅に改善(01/19)

独農業相、「動物福祉ラベル」導入を提案(01/19)

独ホテルチェーン、サウジで高級ホテル開発(01/19)

独各地でコロナ規制反対デモ=7万人参加(01/19)

EU財政規律見直し、独仏の対立鮮明に(01/19)

コロナパス導入国、経済効果を確認=研究(01/19)

独外相、露・ウクライナ訪問 外交ルート通じた緊張緩和図る(01/18)

ショルツ首相、スペイン首相と会談(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン