• 印刷する

金融TSB、ペスターCEOが退任

TSBバンキング・グループは4日、ポール・ぺスター最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。4月に大規模なシステム障害が発生し、顧客の決済が一時不能となった責任をとる形となった。後任が決まるまで、非業務執行会長のリチャード・メディングス氏が業務執行会長を務める。

システム障害は新システムへの切り替え時に発生したもので、数週間にわたりオンラインバンキング・サービスが利用できなくなった。その後もITシステムの不調が続き、8月に入ってからも一時的に問題が起きるなどTSBに対する信頼が大きく損なわれた。

ペスターCEOに対しては、英下院財務委員会の議員からは辞任を求める声が出ていたが、同CEOは事態の完全な収拾に集中するとしてとどまっていた。TSBは7月に、システム障害による費用は1億7,640万ポンドに上り、今年上半期(1~6月)は税引き前利益が赤字に転落する見通しだと明らかにしている。

メディングス会長は、「ITシステムとサービスが大きく改善したため、ペスターCEOと取締役会は新CEOの指名に適した時期になったということで意見が一致した」と説明している。ペスター氏は2010年にロイズ・バンキング・グループに加わり、同行の傘下だったTSBを率いて2013年にはロイズから分離させ2014年には上場に導いた。2015年にはスペインの金融大手バンコ・サバデル(Sabadell)に身売りを決め、その傘下となっている。新システムはサバテルが構築したものだが、事前のテストが不十分だったとされている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

資源BHP、19億ドル分の負債解消(10/26)

EU、独議会へのサイバー攻撃でロシアに制裁(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

英、雇用支援策を再修正 対象地域と支援内容を拡大(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン