• 印刷する

金融TSB、ペスターCEOが退任

TSBバンキング・グループは4日、ポール・ぺスター最高経営責任者(CEO)が退任すると発表した。4月に大規模なシステム障害が発生し、顧客の決済が一時不能となった責任をとる形となった。後任が決まるまで、非業務執行会長のリチャード・メディングス氏が業務執行会長を務める。

システム障害は新システムへの切り替え時に発生したもので、数週間にわたりオンラインバンキング・サービスが利用できなくなった。その後もITシステムの不調が続き、8月に入ってからも一時的に問題が起きるなどTSBに対する信頼が大きく損なわれた。

ペスターCEOに対しては、英下院財務委員会の議員からは辞任を求める声が出ていたが、同CEOは事態の完全な収拾に集中するとしてとどまっていた。TSBは7月に、システム障害による費用は1億7,640万ポンドに上り、今年上半期(1~6月)は税引き前利益が赤字に転落する見通しだと明らかにしている。

メディングス会長は、「ITシステムとサービスが大きく改善したため、ペスターCEOと取締役会は新CEOの指名に適した時期になったということで意見が一致した」と説明している。ペスター氏は2010年にロイズ・バンキング・グループに加わり、同行の傘下だったTSBを率いて2013年にはロイズから分離させ2014年には上場に導いた。2015年にはスペインの金融大手バンコ・サバデル(Sabadell)に身売りを決め、その傘下となっている。新システムはサバテルが構築したものだが、事前のテストが不十分だったとされている。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 金融雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

英下院、EU離脱協定を否決 野党が内閣不信任動議を提出(01/16)

英フライビー、売却条件の引き上げで合意(01/16)

仏ロクシタン、英エレミスを9億ドルで買収(01/16)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

米フォード、英での人員削減数は1千人超か(01/16)

シェルと蘭年金基金、エネコの共同買収検討(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

博報堂、英独の広告2社と業務提携(01/16)

豪郵便局、英物流会社を完全子会社化(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン