ノバルティス、欧州委が「キムリア」を承認

スイスの製薬大手ノバルティスは27日、欧州委員会がキメラ抗原受容体T細胞(CAR—T)療法「キムリア(Kymriah)」(旧「CTL019」)を承認したと発表した。ノバルティスは、製造拠点の建設などにより、各国への同治療法の導入方法は異なるとしている。 治療対象は25歳以下のB…

関連国・地域: EUスイス米国
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

スイス国民投票、食の安全など巡る提案否決(09/25)

スイスの時計輸出、8月は5.5%拡大(09/25)

コペンハーゲン、F1誘致計画を中止(09/25)

スイスの貨物船、ナイジェリアの海賊が襲撃(09/25)

三菱ケミカル、シュワイターに一部事業譲渡(09/25)

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

食品ネスレ、生保部門を米社に売却(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン