• 印刷する

VW、デジタル分野に投資 独でカーシェアサービスの展開も

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は23日、2025年までにデジタル分野に35億ユーロを投資すると発表した。2016年11月に打ち出した新事業戦略「トランスフォーム2025+」の一環で、クラウドベースのプラットフォームを利用したカーシェアリングサービスなども視野に入れている。

VWは現在、新たなソフトウエアオペレーティングシステム「vw.OS」の開発を進めており、2020年以降に「VW」ブランドの電気自動車(EV)で実用化する計画だ。同ソフトを搭載した車両では電気系統の設計を一新し、車両に取り付けられた約70個のセンサーを一つのソフトウエアで相互に接続することで、自動運転機能の改善を図る。

VWはこの日併せて、2019年第2四半期(4~6月)にベルリンでカーシェアリングサービス「ウィー・シェア」を展開すると発表。新モデルのお披露目の場とするとともに、急成長市場に切り込む考えだ。VW「ゴルフ」のEV版「eゴルフ」1,500台とより小型のEV「イー・アップ!(e-up!)」500台を投入する。VWは、欧州のカーシェアリング市場は少なくとも年間15%の成長が見込めるとし、2020年以降は欧州と北米で人口100万人以上の都市を対象に、サービスを展開する方針を掲げている。

「トランスフォーム2025+」は、eモビリティーで世界最大手を目指す戦略。VWは2025年までに、カーシェアリングや自動駐車、小包の宅配などを含むデジタルサービスの売上高が10億ユーロ前後になると見込んでいる。


関連国・地域: ドイツ米国カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

ドイツ銀に会長交代を要求も 複数の主要株主が早期辞任支持(05/22)

ハンガリーから墺への越境通勤者が増加傾向(05/22)

スーパーのディア、破産申請手続きを回避(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

元F1レーサーのニキ・ラウダ氏が死去(05/22)

家電量販セコノミー、第2四半期は4%減益(05/22)

VWの世界販売、4月は6.6%減少(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン