• 印刷する

VW、デジタル分野に投資 独でカーシェアサービスの展開も

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は23日、2025年までにデジタル分野に35億ユーロを投資すると発表した。2016年11月に打ち出した新事業戦略「トランスフォーム2025+」の一環で、クラウドベースのプラットフォームを利用したカーシェアリングサービスなども視野に入れている。

VWは現在、新たなソフトウエアオペレーティングシステム「vw.OS」の開発を進めており、2020年以降に「VW」ブランドの電気自動車(EV)で実用化する計画だ。同ソフトを搭載した車両では電気系統の設計を一新し、車両に取り付けられた約70個のセンサーを一つのソフトウエアで相互に接続することで、自動運転機能の改善を図る。

VWはこの日併せて、2019年第2四半期(4~6月)にベルリンでカーシェアリングサービス「ウィー・シェア」を展開すると発表。新モデルのお披露目の場とするとともに、急成長市場に切り込む考えだ。VW「ゴルフ」のEV版「eゴルフ」1,500台とより小型のEV「イー・アップ!(e-up!)」500台を投入する。VWは、欧州のカーシェアリング市場は少なくとも年間15%の成長が見込めるとし、2020年以降は欧州と北米で人口100万人以上の都市を対象に、サービスを展開する方針を掲げている。

「トランスフォーム2025+」は、eモビリティーで世界最大手を目指す戦略。VWは2025年までに、カーシェアリングや自動駐車、小包の宅配などを含むデジタルサービスの売上高が10億ユーロ前後になると見込んでいる。


関連国・地域: ドイツ米国カナダ欧州
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

VW、部品メーカーが反競争的行為巡り提訴(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

独コンチネンタル、ハンガリーに大型投資へ(12/03)

ノルデックス、新株発行で2億ユーロ増資へ(12/03)

ドイツ小売売上高、10月は2.6%増加(12/03)

ZMP、BASFなどと充電インフラ開発(12/03)

ドイツ北部5州、グリーン水素生産で協力(12/03)

ルフトハンザ、比で格納庫拡張を再開(12/03)

独南西部で繁華街に車突っ込み5人死亡(12/03)

石炭火力発電、年内に5千メガワットが停止(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン