化学ヘンケル、第2四半期は4.6%減益

独総合化学大手ヘンケルは16日、第2四半期(4~6月)の純利益が6億200万ユーロとなり、前年同期比4.6%減少したと発表した。為替差損や材料費の高騰が響き、市場予想を下回った。 売上高は51億4,300万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで3.5%増加。うち主力の工業用…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン