化学ヘンケル、第2四半期は4.6%減益

独総合化学大手ヘンケルは16日、第2四半期(4~6月)の純利益が6億200万ユーロとなり、前年同期比4.6%減少したと発表した。為替差損や材料費の高騰が響き、市場予想を下回った。 売上高は51億4,300万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで3.5%増加。うち主力の工業用…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

SPD、2人党首体制導入へ 党首選は連立離脱の是非が争点に(06/26)

独ティッセン、ハンガリーに新工場を建設へ(06/26)

ルフトハンザ、黒字回復計画を発表(06/26)

エーオン、中東欧事業の一部を売却へ(06/26)

メルセデス、工場開設でエジプト政府と覚書(06/26)

スーパー売上高、直近12週間は1.4%増加(06/26)

ボッシュ、エジプト政府と新工場建設で覚書(06/26)

BMW、比で商談会=国内26社が参加(06/26)

独軍戦闘機2機が衝突=パイロット1人死亡(06/26)

墺チロル州のう回路封鎖、ドイツ政府が反発(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン