化学ヘンケル、第2四半期は4.6%減益

独総合化学大手ヘンケルは16日、第2四半期(4~6月)の純利益が6億200万ユーロとなり、前年同期比4.6%減少したと発表した。為替差損や材料費の高騰が響き、市場予想を下回った。 売上高は51億4,300万ユーロと、継続事業・恒常為替レートベースで3.5%増加。うち主力の工業用…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独、自動車購入補助に50億ユーロ割り当てか(06/02)

ベルリン、バーやジムなど営業再開(06/02)

ECB、独貯蓄銀行の預金保護制度を問題視(06/02)

5月は回復もなお分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI確定値(06/02)

メルセデス、電池生産強化に10億ユーロ超投資(06/02)

メルセデス、タイのモーターショー不参加(06/02)

携帯電話の中国・オッポ、独に西欧地区本部(06/02)

米発端の人種差別反対デモ、英独にも波及(06/02)

VW、中国EV事業を強化へ 江淮大衆汽車の経営権取得(06/01)

独政府、時短補償の受給期間を2年に延長も(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン