政府、干ばつによる飼料不作で環境規制緩和

ドイツ政府は15日、環境保護規制を一部緩和し、生態系保護のため休閑中の農地を家畜飼料用作物の栽培に転用することを認める方針を示した。今夏の干ばつにより、飼料価格が高騰しているため。ロイター通信が伝えた。 ドイツは、欧州連合(EU)からの補助金を受ける条件として、…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

コンチネンタル、自動運転車の公道テストへ(11/19)

ルフトハンザ、ケータリング事業の売却検討(11/19)

メルセデス、インドネで販売台数が2桁増(11/19)

国民の過半数「メルケル首相は任期満了を」(11/19)

バイエルン州、警察官の入れ墨の露出を禁止(11/19)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン