政府、干ばつによる飼料不作で環境規制緩和

ドイツ政府は15日、環境保護規制を一部緩和し、生態系保護のため休閑中の農地を家畜飼料用作物の栽培に転用することを認める方針を示した。今夏の干ばつにより、飼料価格が高騰しているため。ロイター通信が伝えた。 ドイツは、欧州連合(EU)からの補助金を受ける条件として、…

関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

製薬・化学バイエル、通期は2.5倍弱に増益(02/28)

CSU党首、緑の党との協力を否定(02/28)

新型肺炎の影響、欧州で波及 工場停止検討や見本市中止相次ぐ(02/28)

ザランド、通期は29.7%増益(02/28)

フォード傘下のスピン、ドイツ参入へ(02/28)

ブローゼ、印で電動車両部品の生産を検討(02/28)

メルセデス、来年からタイでEV生産(02/28)

与党CDU、メルケル氏後継候補は男性3人(02/27)

シュプリンガーの合弁、ポーランド社買収(02/27)

ドイツ、EV充電の国家管理センター創設へ(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン