• 印刷する

鉄道運賃、3.2%引き上げへ 7月のRPI基準に=年初から

英国の鉄道運賃が、来年1月から最大3.2%引き上げられる見通しとなった。翌年の運賃引き上げ率の基準となる7月の小売物価指数(RPI)が3.2%であることが、英政府統計局(ONS)が15日発表した最新統計により明らかになったため。BBC電子版が伝えた。

政府は、定期券や長距離区間のオフピーク時往復料金、主要都市周辺の通常の当日片道切符など、政府の管理下にある鉄道運賃の引き上げ率を、7月のRPI上昇率より低く抑えることを決めている。イングランドとスコットランド、ウェールズが対象で、北アイルランドの運賃は別に設定される。今年の値上げ率は最大3.6%だった。

なお、オフピーク時1日券など鉄道会社の裁量で決められる運賃は毎年12月に発表される。こちらは今年、平均3.4%値上がりし、引き上げ幅は2013年以降で最大となった。

グレイリング運輸相はかねて、鉄道運賃と鉄道会社の賃金の引き上げ率の基準を、従来のRPIからより低い消費者物価指数(CPI)に切り替えるよう求めている。ただ、運輸関係労働組合(RMT)はこれを賃金抑制に向けた措置と見なし、強く反発する。

7月のCPIは2.5%で、これを基準にした場合、ブライトン―ロンドン間の1年間の定期券代は、RPIが基準の場合と比べて39ポンド安くなる。[労働]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン