• 印刷する

英各地に税関区域設置を提案 鉄道貨物業界がEU離脱に備え

英国の鉄道業界団体レール・デリバリー・グループ(RDG)は8日、欧州連合(EU)離脱後の鉄道貨物の税関検査について、国内各地の鉄道貨物ターミナルに税関エリアを設ける案を発表した。今後、政府に対して実施を働きかけていく方針だ。

今回の案では、税関を英仏海峡トンネル付近の1カ所に集中するのではなく分散することで検査による遅延を回避する。同時に、トラック輸送より効率を高めることで、輸入貨物分野における事業機会も狙えるとしている。

RDGによると、英仏海峡トンネル出口付近のドーランズ・ムーア貨物ターミナルには貨物の安全性を検査する施設があり、EU離脱後に税関検査が必要になれば、これを鉄道税関エリア(RCA)に転換できるという。これに加えて、イングランド中部ダベントリー(Daventry)やロンドン東部ダゲナム(Dagenham)などの貨物ターミナルも、RCAとしての利用が可能で、実現すれば自動車メーカーなど製造業者のサプライチェーンへの影響を最小限に抑えるだけでなく、コストも低減できるという。

鉄道貨物ターミナルには、列車検査のため周囲に高いフェンスや監視カメラを設けることが義務付けられており、RCAへの転換も容易だ。ただ、ターミナル事業者に対してRCAに必要な投資を促すには、政府支援は欠かせないという。また、ターミナル事業者が歳入関税庁(HMRC)に税関検査の実施許可を申請できるようにするなど、制度改革も必要になる。

英国の昨年の鉄道輸入貨物量は、船舶から荷揚げされたコンテナの輸送を除くと年間122万トンと、輸入貨物全体の5%に満たない。ただ、RDGによると、英仏海峡トンネルを通って自動車部品やボトル入りミネラルウォーターなどを輸送する貨物列車の数は1日8本に上る。

■政府の計画では税関検査は不要

HMRCはRDGの提案に対して、政府が7月にEU離脱方針の白書で示したように、関税のかからない「モノの自由貿易圏」が創設されればRCAは不要とコメント。ただEUとの交渉の成否に関わらず、貿易の円滑化と租税の正確な徴収に向けて、機能的な税関や付加価値税(VAT)および物品税の制度の策定を進めていると説明した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日英、経済連携協定を締結 来年1月に発効の見通し(10/26)

仏、英領海の漁業権で譲歩も 関係者に割り当て縮小を警告(10/26)

金融バークレイズ、第3四半期は黒字復帰(10/26)

小売売上高、9月は1.5%増加(10/26)

金融カルロック、インドの航空会社買収へ(10/26)

資源BHP、19億ドル分の負債解消(10/26)

EU、独議会へのサイバー攻撃でロシアに制裁(10/26)

独、英への渡航自粛を要請=入国者は隔離(10/23)

英、雇用支援策を再修正 対象地域と支援内容を拡大(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン